5/3-5/5 ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019


ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019

テーマ Carnets de voyage ーボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)
日程 2019年5月3日(金・祝)・4日(土・祝)・5日(日・祝)
会場 東京国際フォーラム、大手町・丸の内・有楽町、京橋、銀座、日本橋、日比谷
来場者見込 約42万人
公演数 324公演(予定) (うち有料公演 124公演)
主催 ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019 運営委員会 (株式会社KAJIMOTO/株式会社東京国際フォーラム/三菱地所株式会社)

https://www.lfj.jp/lfj_2019/

ラ・フォル・ジュルネは、1995年、フランス西部の港町ナントで誕生したクラシック音楽祭。「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」のネーミングそのまま、ヨーロッパの数ある音楽祭の中で最もエキサイティングな展開を見せています。 毎年テーマとなる作曲家やジャンルを設定。コンベンションセンター「シテ・デ・コングレ」の9会場で、同時並行的に約45分間のコンサートが朝から夜まで繰り広げられます。演奏者には旬の若手やビッグネームが並び、5日間で300公演!を開催。好きなコンサートを選び、1日中、音楽に浸ることができます。

しかも、入場料は6〜30EURO(700円〜3,000円)という驚きの低価格。「一流の演奏を気軽に楽しんでいただき、明日のクラシック音楽を支える新しい聴衆を開拓したい」というルネ・マルタン(アーティスティック・ディレクター)の意向によるものです。来場者の6割をクラシックコンサート初体験者が占め、たくさんの子どもたちも参加しています。

ユニークなコンセプトで展開されるラ・フォル・ジュルネの人気は国外へも拡がり、2000年からポルトガルのリスボン、2002年からはスペインのビルバオ、2005年からは東京国際フォーラムで開催。2008年には金沢とブラジルのリオデジャネイロ、2010年には新潟、びわ湖、ワルシャワ、2011年には鳥栖、2015年にはロシアのエカテリンブルクで開催され、いずれも大成功を収め、クラシック音楽界にセンセーションを巻き起こしています。

百貨店でもバラエティショップでもない「コスメのセレクトショップ」

MCSは日本を代表するスキンケア、メイクが揃う丸の内発のコスメセレクトショップです。カジュアルな雰囲気のMCSで気になるコスメをお試し体験しませんか?

新丸ビル店/グランスタ丸の内店/国分寺マルイ店/中野マルイ店/マルシェ新東京ビル店
*店舗によって扱いブランドは異なります。
扱いブランド、ショップ案内はこちらをご覧ください。

当サイトの新製品情報及び画像、キャンペーン内容等についてのお願い

当サイトの新製品情報及び画像、キャンペーン内容等についてのお願い
こちらの情報は入手次第最新のものをアップしておりますが、急な変更、商品改良等の為、一部発売日や商品画像等やキャンペーン内容等が予告なく変更になる場合がございます。当社の掲載する情報については、その正確さや完全さを当社が保証するものではありません。

詳しくは当サイトのご利用条件をご確認ください。

消費税増税のお知らせ

2019年10月1日から消費税率が10%に引き上げられることになりました。 商品、棚札によっては旧税率が記載されている場合がございます。旧税率が掲示されている商品でも10月1日以降は消費税は10%を申し受けますので予めご了承ください。