dプログラム エイジングケアライン


「年齢は肌を敏感にする」
dプログラム 新エイジングケア誕生。

資生堂 「d プログラム」より
エイジングケア プログラム 5品
2011年 9月21日(水)発売

 資生堂は、現代女性特有の生活環境によって「肌スランプ(※2)」に陥りやすい「ライフスタイル敏感肌(※3)」のためのブランド「d プログラム」より、40代以降の年齢とともに乾燥が深刻になり、肌がデリケートに感じるようになった「年齢敏感肌(※4)」に対応した「エイジングケア プログラム」の機能を強化し、「医薬部外品」としてリニューアルいたします。

 「肌のバリア機能を保つための酵素が加齢により減少する」という敏感肌の新知見に基づき、第一弾として、「d プログラム エイジジングケア プログラム」【(医薬部外品)全4品目5品種/2,300円~4,800円(税込2,415円~5,040円)】を2011年9月21日(水)に発売します。

 また第二弾として、エイジングの肌悩みを積極的にケアする濃密クリーム状美容液「d プログラム パワーバイタルソリューション」【(医薬部外品)全1品目1品種/6,000円(税込6,300円)】を2011年11月21日(月)に発売します。いずれも株式会社資生堂インターナショナルを通じて販売します。

 これまで積極的なお手入れがしたくても肌の敏感さが気になっていた「年齢敏感肌」の悩みに着目、独自の新成分「バイタライジングHS(保湿)(※5)」や「バイタルモイストフォース(保湿)(※6)」を配合し、乾燥のダメージを感じやすくなった大人のデリケート肌をふっくらハリのある美肌へと導きます。

 (※1)年齢に応じたうるおいのお手入れです。
 (※2)肌スランプ:睡眠不足やストレス、食生活の乱れなどの生活環境が原因で、肌の調子を崩している状態のことを資生堂が名付けた名称
 (※3)ライフスタイル敏感肌:従来の敏感肌とは異なり、20~30代の女性に急増している生活環境に敏感に反応し、ト
ラブルを起こしやすい新たな敏感肌のことを資生堂が名付けた名称
 (※4)年齢敏感肌:年齢を重ねるうちに肌が変わった、乾燥が深刻になり肌が敏感になったなど、「年齢による敏感意識」をもつターゲットの肌のことを資生堂が名づけた名称
 (※5)イザヨイバラエキス、オノニスエキス、エリスリトール、グリセリン
 (※6)オノニスエキス、ブナエキス、タイムエキス、エリスリトール、グリセリン